My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

DIYと大工のちがい

大工でない人でも驚くほど上手な人がいますね。
木工は大工の常識は必要ありません。

キッチンキャビネットや建具を本職顔負けの美しさで仕上げた方もおられます。

でも、大工は何故、大工として商売できるのでしょうか?
大工はなにができるのでしょうか?
大工と素人とのちがいは?

大工は、得意、不得意こそあれ、あらゆることができます。
●●を作ってくれ、と言われて、できません、とは言えませんよね。
作ったことがなくても、作ります。
現場ですぐ、つくれなくても、帰って、夜なべしてでも、意地でも作るんです。
それが大工(職人)です。

また、大工は、木をあらゆる大きさ、長さに加工できます。
これが、アマチュアとは決定的に違うところです。
”挽き割る”ことがアマチュアには難しいんですね。
長さに切ることは、比較的簡単に覚えられますが、挽き割るためには道具が
必要です。

でも、あなたに教えましょう。

これを知って、使いこなせばあなたも大工にかなり近づきますよ。

   

丸のこを買うと、定規がついてきますよね。
あれって、ほとんどの方が全然使いません。

でも、大工で使わない人を私は知りません。

定規を使えば、プロと同じレベルの仕事ができます。
知りたい方はメールで!!

「DIYと大工のちがい」のコメントについて

「LINKプライバシーポリシーセルフビルド情報家を自分で建てる自分でリフォームする」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「DIYと大工のちがい」情報をお願いします。

「DIYと大工のちがい」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「DIYと大工のちがい」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「DIYと大工のちがい」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「DIYと大工のちがい」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「セルフビルドで自分だけの快適住宅」に関連するサイトでしたらOKです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)