My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

家を自分で建てる方法

具体的に、どうやって家を建てるのか。
あなたが一番知りたいところではないでしょうか?

説明していきます。

まず、土地を用意します。

買うか、すでに持っていればそれでOKですね。

設計します。

どんな家に住みたいか。
どんな間取り、デザイン、形を具体的に設計していきます。

もし、この段階で行き詰まったら、プロに相談します。
設計もプロがやると明確に具現化できます。
無理な部分がでません。

それができれば、基礎から作っていきます。

基礎は、家の文字通り基礎ですので、きっちり作りましょう。
プロにやってもらうと安心ですが、要所要所を大工の家庭教師サービスを利用しても
できあがります。
やり方、堀方、型枠組、配筋、そして生コン打ちとなります。

基礎ができれば、土台を刻んで設置していきます。

そして墨付け、刻み、そして建前です。
棟があがったら上棟式をしましょう。

屋根の骨組み(垂木)を設置して、野地板を打ちます。
ルーフィングを貼って屋根材を施工します。

外壁の下地を組んで、外壁材を貼って仕上げていきます。

屋根と外壁ができれば、もう、雨風は防げます。

そして内装を仕上げていきます。


大まかにはこんな感じです。
理解できましたか?

でも、すべての工程でプロの技、経験に基づく知恵が作業を効率化します。
各職人との連携、順番など難しいところもたくさんあります。


分離発注は経験のない人にはなかなか難しいでしょう。
難しい仕事はプロにおまかせください。

できる仕事を増やして、自分なりの家を手作りすることが一番オススメです。

大工の家庭教師サービスを利用すれば、できる仕事がどんどん増えますよ。
行き詰まったら、連絡ください。
プロが応援に行きます。

何事もチャレンジです。

あなたのまわりを見渡してみてください。
たくさんの家が建っていることでしょう。
誰かが作った家なんですよ。

あなたにもきっとできると思いますよ。

「家を自分で建てる方法」のコメントについて

「LINKプライバシーポリシーセルフビルド情報家を自分で建てる自分でリフォームする」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「家を自分で建てる方法」情報をお願いします。

「家を自分で建てる方法」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「家を自分で建てる方法」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「家を自分で建てる方法」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「家を自分で建てる方法」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「セルフビルドで自分だけの快適住宅」に関連するサイトでしたらOKです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)